<   2012年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

エコ雑貨協会様にお声掛けいただき、市民による日本最大級のフェスティバル「Earth Day TOKYO2012」行ってきました。
d0150596_21241853.jpg


4/22は地球の日(アースデイ)
環境問題は、人と生物、地球、人と人のコミュニケーション問題ともいえます。そして私たちはだれも、この地球と100%関わり、家族や友人との間柄にも似た不可分の関係を持っています。だからアースデイは、私たち一人ひとりのものなのです。
 アースデイには、代表も規則もありません。民族・国籍・信条・政党・宗派をこえて、だれもが自由にその人の方法で、地球環境を守る意思表示をする国際連帯行動です。すべての人が、同じ輪の上で自由に起こせる、世界初でおそらく唯一のアクションがアースデイです。あなたもぜひ、自分と地球とそこに住むたくさんの生命との対話、アースデイ・アクションを起こしてください。そして、その活動を互いに知らせあい、大きな輪をつくりましょう。
※Earth Day TOKYO2012 HPより

実はアースデイの流れで昨日の私の宣誓でした。
d0150596_21423414.jpg

私の最大の盛り上がりはナイアードのブースでした。
エコ雑貨協会周辺のブースはワークショップも含めどこも盛り上がってました。
「コレもコレもコレも使ってます!」とタッチアップでいただいた、いい~香りのリップクリームを唇と手に塗りながら大興奮で伝え、もちろん購入し。石鹸もらってきました。ふふふ

その後代官山に移動し、軽く懇親会的なパーティーにお邪魔し。隠れ家店の激ウマ料理を堪能し、ベラベラお喋りをしまくり帰りました。
※私はテンションが高い人間と思われていますが、日頃はとても物静かです。向出さんいわく、興奮してるとよく喋るそうです。

地球に感謝する日でした。

GWのマルイ新宿本館でのイベントは凄い事になりそうだ。
イヒヒヒヒ、ま、これを機に今後の展開がとくにですがね。ふふふふ
さぁ明日は早朝から出張だ、早く帰ろう。
[PR]
by forcequipe | 2012-04-24 21:45 | YAMASAKI
地球は様々な生態系が豊かな自然環境と共に生きていて、その一部である人間が生物の多様性の関連など何も考えず破壊してしまう結果は自分達の生きる道を破壊していること。
全ては一つに繋がっている。

例えば美術一つとっても、美術品を見て意識で感じているだけで、毎年心がスキルアップすることに気づく。
またそれらの先には、どんな美術より自然が一番美しいことに気づく。
これらも生物多様性の一部であり、人間も自然を忘れたり、それから離れてしまうと、自ずと心を失う。
心を失うとは、自分を失うことだ、例えば欲(自我)に支配される、自殺・鬱、希望も夢すらも何なのかわからなくなる、そういうことではないのかと思う。

教育と政治が未来を変えていくなら、教育に足りなかったことは、自然にふれさせながら学ばせること、せめて美術を心にふれさせることすらも欠けて、偏った学びなのか情報しか与えなかったのか。

何かを否定したいのではなく、私が今後やりたいことは、自分が今までやってきたことの中で、自然を重んじる方々が作り出す製品や作品の物販をお手伝いをしたい。
情報として見せるだけでもいい、意味の分からないメッセージではなく、相手の心に向かって聞くようなイベントとして、百貨店を中心に全国行脚したいと思います。

綺麗事じゃなく、本当に自然が大好きで、日本大好きなんです。

経営もね、自ずとここに連れてこられたかのような感覚で今だにいますが、何をどうすればよいのかわかった。
資本主義のレールから出ればよいだけで、今後株式会社はNPOになる時代だと私は思ってます。

とりあえずは10代はだらしなく親のお金に依存し買い物依存症になるほど物を消費し、20代は空想めいた夢と欲と意地で仕事ばかりし失敗し、こんな人生歩んで来たんだし、また30代は今思う道を歩めば良いよ。
同じ考えの人達と。
と、思ってます。

こんなに視野が明るくなったのは、久しぶりと言いたいけど、何か今までの流れるがままに来た人生と、違う未来がありそうに感じるのは初めてで、何か違うレールにやっと乗った気がします。
偽善者って、言う人もいるかもしれないけど、それらが全く気にならない。
やっぱり君とは話が合わんね、ぐらいは思う。
ヘアメイクにもなれた、化粧品の店舗戦略・運営をこなし、自分のブランドを展開する夢は果たしてないけど、その夢って、何かに依存しているだけで、そもそも飽き性の私に一つを大切に拡大していくなんて向いてない、そんな名前に依存し欲を吐き出し続けていくよりも、何かを守り続ける強い人間になりたい。
何かとは大好きな自然です。
やっと自分のやりたい事を見つけた気がします。

そんな気持ちで先日から過ごして、どんどん実践的企画は進行しています。

また、これが人生なのか!と思い知らされるのが、周りを見渡せば、各分野の全部必要な人達(力を合わせてもらう人達)が揃ってるの(笑)

凄いね、人生。面白いよ。
ま、これからも随分辛い道を歩むのは歴史を見るかぎりわかるのですが、こんなに素敵で凄い人達が揃っているんだから、私は私のポジションでやれることを頑張ります。

小さな頃からずーーーーと寂しいという気持ちが自分の陰でしたが、アルベルト・シュバイツァーとレイチェル・カーソンとシューマッハーのスモールイズビューティフルが決めてとなる哲学と自然が陽になり救われました。

全然ちょっと前の自分とは違います。
ありがとうございます。
頑張りながら進んでみます。
[PR]
by forcequipe | 2012-04-24 00:42 | YAMASAKI
d0150596_21241751.jpg

今週は毎日、加藤さんと一緒に過ごしております。
年間を通しても珍しいです。
水曜日からの温泉出張では、今後のことを沢山聞いてもらおっと。
6月のサイパンは、また2人で行けるのでしょうか。

今日はフィットネスジムのオアシスさんの撮影現場にあった脂肪で記念撮影してました。

今日も一日楽しい日を過ごさせていただきました。

ありがとうございます。

※写真苦手なんですよ。顔写ってないけど、めちゃくちゃ笑ってます。
[PR]
by forcequipe | 2012-04-23 21:24 | YAMASAKI
d0150596_23381129.jpg

やっと結論でました。
28歳の時からずっと本当に本当にどう生きるのかと考えていた道がやっと見えました。
ずっと誰かに聞いてもらいたくていたんだけど、一人で悩みこれなのかと結論が出ました。
正しいか分からないというより、現在の人生の段階では確実な進化だと間違いなく思っています。
段階1
段階2
段階3
これらを経て、よーーーーーーーーやくですよ。

というわけでお得意の行政書士なみの手早い手続きで準備をしても年末の発表になるかと思いますが、
やらせていただきます。

もう、それらには手をかしません。

レイチェル・カーソンが1963年にシュバイツァー賞を受賞した時、授賞式のスピーチでシュバイツァー博士の言葉でいいかえて、
「シュバイツァー博士は、『もしも我々が人間と人間との関係にしか関心をもたないとすれば、真に文明化しているとはいえない』といわれました。
重要な事は、人間と他のあらゆる生命体との関係です」

と述べている。
※鳥影社「レイチェル・カーソン-自然への愛-」より抜粋
※シュバイツァー博士=アルバート・シュバイツァー(アルベルト・シュバイツァー)

これらを形にしている方の、なんとか少しでも役に立ちたい。
d0150596_23282068.jpg

外濠→国会議事堂→赤坂見附まで歩きながらマシンガントークでしたが、聞いてくれて本当に感謝しています。
昔じゃ駄目で、この段階じゃないと駄目だったんだと思います。
今日は花見から帰ってきて、Bob Dylanの「I shall be released」をガシガシ聴いています。
[PR]
by forcequipe | 2012-04-08 23:52 | YAMASAKI
d0150596_1813669.jpg

今日は近所なのに初めて伺う、国会議事堂に撮影で行って来ました。
加藤さんが良い仕事をしました。
私は終始「山崎豊子の世界だ」などを呟きながら大興奮で見学させていただきました。
凄い刺激的な一日でした。
d0150596_18123331.jpg

お菓子まで頂いてしまいました。

そして家に帰ってきて、時期を合わせてないのに運命の人の最終回を今日は見ました。
この中に日本の未来を変えるべく、やっと報われる方が沢山いますように。
[PR]
by forcequipe | 2012-04-05 18:22 | YAMASAKI
無事にウォールステッカー第2弾(一部「山崎実業」の製品含む)2週間と、化粧品が無事終了いたしました。
凄い売れました。シールは一日MAX17万円台で、化粧品はクライアントが大満足いただけるほど。
これからも素敵なイベント企画を計画中ですので、楽しんで頑張ります。
d0150596_20183582.jpg

ビフォー
d0150596_20205753.jpg

激疲れと言いたいのですが、ストレス解消は家で録画して溜めまくったドラマを見ることです。
師匠に似てきました。あの時代の私には分からなかったけど、きっと寂しかったんだなと今は思ってます。
最近はもっぱら山崎豊子先生の「運命の人」「陽はまた昇る」や、刑事もので「ストロベリーナイト」などが好きで、キャリアじゃない警察官の彼氏を支えたいと妄想で盛り上がってます。
小料理屋で見かけるバリバリの役職をもつ警察官の方もそうだし、師匠もそうだけど、めちゃくちゃ偉い人なのに、見た目はちょー普通の人で、その場に馴染むんですよね。
警察官の方は小料理屋から帰った後にアレそこにさっき誰か居たっけ?と思うくらい空気に馴染んでるし、師匠は1〜2年に1度会うだけだど、いつも荷物が凄い入ったリュックを背負って可愛いし、その辺りの店で自然に馴染むから素敵。
私もそんな本物になりたいと、ずっと思っています。
d0150596_20194490.jpg

前回のブログ更新後からいろいろ難題が降りかかりましたが、無事と言いますか、ピンチをチャンスには切り替えれたと思ってます。
その反動で、オフィスに帰って来て、まずやったことというと嫌がらせです。
シールを各デスク主のイメージに添って貼りまくりました。ふふふ
林さんの現場にスパルタ指導の為、早々とオフィスを出たのでリアクションは見れなかったのですが、オフィスでその貼る姿を見ていた小泉さんは「何で俺だけバレエなんだよ、ハートはやめてくれ、狂ってる」と言っていましたが、本当に一回気が狂ったので、これぐらいの嫌がらせしないと気がすみませんでした。ふふふ
柿沼さんも今日お客さんに「朝きたらこんなことになってて・・・嫌がらせだと思います。」と言ってて、気持ちが伝わってたので、後で一人で爆笑してました。
あとは今週末の花見で毒団子を仕込んだら十分満足です。

友達がイタリアのラジオ(イタリア人に日本の文化を伝える番組)でエレカシの「悲しみの果て」を私の為に流してくれたそうです。
お洒落~、イタリア人にエレカシですか!お見事な仕事です。
人前気にせず泣いてしまいました。感謝
早く帰ってきて欲しい。
[PR]
by forcequipe | 2012-04-04 20:23 | YAMASAKI