前にPHP出版の「今こそ伝えたい幸福論」を読んだ際に、養老さんの幸福論が「過ぎし戦の手柄を語る」という言葉に例え、幸福論なんてなく幸せなんて思い返せば邪念無く戦っていた時が幸せに似ている気がするという考えが具体的で一番自分にしっくりきたので、
養老さんの本をなにか読んでみたいなと思い、

新潮文庫 「かけがえのないもの」養老孟司
を買ってみました。
特に面白かったのが養老さんの考える「かけがえのない自然」。
中国の黄河は二千何百年前に秦の始皇帝が万里の長城をつくったからではないかという考え。沢山の煉瓦、兵馬俑、陶器、たしかにあれだけのものをつくるのに森林を丸坊主にするくらいの薪は使うはず。
※赤字は本文より
つまり自然と戦っているというか、自然と直面して生きている時代がある。しかし、いったんそれを失った文明はなかなか回復できない。
日本の自然というのは奥行きがあり、再生力が強い。これは非常に特殊な自然であると私は考えています。日本の文化はそういう豊かな自然に支えられて生きてきた文化です。
私は外部の自然が失われていくことと、我々の心の中から自然が失われていくのは、ほとんど並行していると思います。

全ては何に繋がっているかの重要性はわかります。

あと面白かったのは、「奨学金の矛盾」のところで、苦学して偉くなった人が作ってきた仕組みに対し「若い者も俺と同じように苦労しろ」と言わないのかというところ・・・。
難しい課題ではありますが、ハッとさせられました。
人間は自分の経た苦労を後に残さない人、残す人の2つに分かれると思うんですが、前者の考えでいた私は化粧品の販売の現場や、ヘアメイクの仕事で女性が自立できない労働環境を改善する仕組みを持って提案できたらと思ってましたが、実は必要ないんではないかと。
今の日本は偉大な先人たちが改善してきた仕組みで十分成り立っていて・・・・いや、とらえ所が違うな。

「苦労しろ」と言える立場をわきまえます。

眠い・・・。なんだかんだ休み無く仕事しています。
明日から3月だ。
表情がトロンとしてしまってきているので、活を入れていきたいです。
[PR]
by forcequipe | 2011-02-28 01:07 | YAMASAKI
今日は朝からファッションショーの現場で、扉を閉めようとしたらバタンと勝手に閉まってドアノブがカタカタしているのをビビリながら固まっている私の一部始終をコウゴさんも目撃していて控え室で皆ずっとビビッてました。
身内と面白い話を多々し、加藤さんはホラーとは別で見てはいけないモノを見てしまい大爆笑でした。ミーティングして今日も一日が終わりました。

先日、いつも百発百中で素晴らしいオススメ本を教えてくれる知人から
「松浦弥太郎の仕事術」朝日新聞出版
を教えていただき、読んでみました。
やっぱり素敵な人が書いた本で、最近初心に返ったことで芽生え始めた「淘汰される行動」「繁栄を歩む行動」の感覚的でまとまってない考えが、松浦さんの仕事のルールと重ねることで一部整理できました。
未熟者の私でも特に共感できたこと(管理、健康、整理、以外の内容で)↓ ※赤字は本文より抜粋か一部抜粋
・「一人の時間を確保する」尊敬できる人、刺激をくれる人が多いほど、誰からも影響されない「素の自分」を保つことも必要になってくるのではないでしょうか。
・「いい仕事をするために遊ぶ」仕事の喜びと面白さには自分を社会の役に立てて人を幸せにするという価値があり、仕事と遊びを分ける人生はこぢんまりとして、つまらないのでは。
・「あえて距離を縮めない」仕事の人間関係において仲良くしすぎないこと。誰にももたれかからず、一定の距離を保ち、自分の足できちんと立っていれば、自分の力が見えてきます。

他には
好きな人であり、色濃く影響を与えてくれたと感じる人を「いつも新しい人」と例え、年齢を重ねても無邪気で人間として鮮度のよい人。初々しさを忘れず、チャレンジを重ね、昨日の自分に安住しない人。
とありました。

私もそうありたいし、沢山いままで溜め込んでしまったものを整理するため、いろいろ考えぬいて行動していますが、そろそろ自分を取り戻さなきゃいけないと思っております。
仕事では店舗運営やBAの派遣など勝手ながらもやりたくないことが多すぎて、前文でいうと社会の役に立ちながら得る喜びの長期的に続けられる仕組みが、やっとやっと見つかってきた感はあります。
昨日打ち合わせで一つのヒントとそれを基に私は何ができるのかの大きい課題をいただきましたので、今までの失敗どもの手を借りて、とりあえずは経た失敗へは向かわない策を月内にまとめ、提出してみたいと思います。
[PR]
by forcequipe | 2011-02-20 23:26 | YAMASAKI
ここ2週間マスク姿でおりました、風邪は治っているのですが、確実に気管支炎かと思います。
湿気が多いと咳が出ないのですが、まだ今日も駄目ですな。
いつになったら酒の席で(マスク姿で酒を飲んでいるのを見て)
「なんで?」
と言われなくなるのでしょうか。

週末は山に登ろうと思っていて、クライアントにも告知して意気込んでいたのですが、
・・・・雪ですか・・・・。
断念しました。

暇をもてあまし、ガッツリ髪でも切ろうかと美容室に行ってきました。
悩んだ結果ガッツリ切らずに、もう少し伸ばすことにしました。
美容室のアンケートに接客の希望というアンケート項目があり、あらら、と関心したのですが↓
1)美容師から最新の美容情報などを聞きたい
2)楽しくトークしたい
3)静かに過ごしたい
とありまして、勿論3にチェックをしました。
凄い気配りですね。と思いながら雑誌を見ていたら、藤川さんがメイクした花王さんの「めぐりズム」の広告がGINGERの2月号に2ページでデッカク出てました。
やっぱり、うちのヘアメイクの方がパッケージのヘアメイクより繊細で品もあり素晴らしいと、関心しながらムフフと見てました(根暗)。

今日は女子友のスキンケアとメイクアップを見直そうと百貨店のカウンターをハシゴしていました。
コレは↓先日加藤さんの道具を現場で見ていたら、洒落たものがあったので、勝手に写真撮っておきました。
d0150596_20144990.jpg

アディクションのアイブロウですが、赤茶のグラデーションです。
洒落てんなー。人相学メイク的にはエロイなー(例:舞妓さんの眉)。
と思い、関心していました。

今日の一番の発見は、友達のお師匠さん(大手広告代理店を経て現在フリーのクリエイティブディレクター)は昔は会社として組織としてやっていたけど、さまざまな理由から組織に縛られない仕事のスタイルを今は確立しているということ。
私もその簡素化したスタイルに今一番興味がある。

昨年は怒涛のごとく走って来たので、今の仕事のペースでいろいろ考えていられる時間が凄い貴重で尊く、昨年までの私では今の考えにも至らないほど、低いところで考えてしまっていたのかもしれません。というより、だと思ってます。

どうなるのか形も見えてきたので、やるべきことを目標持って頑張ります。
[PR]
by forcequipe | 2011-02-13 20:21 | YAMASAKI